◇高崎経済大学図書館◇
         Takasaki City University of Economics Library
 
日本語 | English

電子ジャーナル・データベース・電子ブック

国内
     海外      

CiNii Articles
(同時アクセス無制限)

聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞)  
(同時アクセス1)


 Science Direct
(同時アクセス無制限)

EBSCOhost    
(Business source premier 同時アクセス無制限 )
(Econlit 同時アクセス1)
  
日経テレコン21
(同時アクセス5)
 
 ProQuest Reseach Library
(同時アクセス無制限)

日経テレコン21(教職員専用)
(学外接続不可)

 SpringerLink
(同時アクセス無制限)
日経BP記事検索サービス-大学版
(同時アクセス 無制限)
 MathSciNet
(同時アクセス1) 

東洋経済デジタルコンテンツライブラリー

(同時アクセス 無制限)


OECD iLibrary



「週刊ダイヤモンド」D-VISION NET  
(同時アクセス2)
 IMF elibrary

「週刊ダイヤモンド」デジタルアーカイブズ 
(同時アクセス1)


電子ブック
D1-Law
(同時アクセス1)
 Maruzen ebook Library

税務・会計データベース
(同時アクセス1)

 MACMILLAN READERS
NEEDS-FinancialQuest 
インターネットエクスプローラーでご利用ください
(同時アクセス10) 



 

iJAMP
(同時アクセス 無制限)



Japanknowledge Lib
(同時アクセス1)
 

 

 ※詳細は下記をご覧下さい。

 
***********************************************
 ■ CiNii

 学協会誌・大学研究紀要・国立国会図書館の雑誌記事索引データベースなど、学術論文情報を検索の対象とする論文データベースが利用できます。


 ■ JapanKnowledge Lib

 JapanKnowledge Libは、事典・辞書を中心にした多元的な知識源を一括検索して、「知りたいこと」にいち早く到達するための総合データベースです。
注)同時利用は1ユーザのみです。利用後はログアウトしてください。


 ■ 聞蔵Ⅱビジュアル

聞蔵Ⅱは、朝日新聞の1879(明治12)年の創刊から今日まで、約1200万件以上の記事と広告が検索できる新聞記事オンラインデータベースです。AERA、週刊朝日、知恵蔵の記事も検索できます。
注)同時利用は1ユーザのみです。利用後はログアウトしてください。


 ■ 日経テレコン21

日経四紙(日本経済新聞・日経産業新聞・日経流通新聞(MJ)・日経金融新聞)の、過去30年間分を蓄積した新聞記事データベースを利用できます。
注)同時利用は5ユーザのみです。利用後はログアウトしてください。


 ■ 日経テレコン21 (※教職員限定)

リアルタイムなニュース速報をはじめ、過去30年間分を蓄積した新聞記事データベース、企業情報、人事情報、株価・債権情報など幅広いビジネス情報を利用できます。

注)教職員のみを対象としたサービスとなっています。
    同時利用は1ユーザのみです。利用の際は、図書館担当へお問い合わせください。


 ■ 日経BP記事検索サービス-大学版

日経BP社が発行する雑誌のバックナンバー記事を、オンライン上で、テキスト形式(本文のみ)またはPDF(記事全体・雑誌イメージそのまま)でダウンロードできるサービスです。読みたい情報をオンラインでいつでも簡単に検索・閲覧することができます。
注)年間利用可能本数に上限があります。
    上限を超え次第利用できなくなりますのでご了承ください。


 ■ 東洋経済デジタルコンテンツライブラリー

 「週刊東洋経済」や「就職四季報」など東洋経済新報社の主要コンテンツを収録した電子ジャーナルです。収録した雑誌を掲載誌面のままPDFで閲覧することができます。 


 ■ D-VISION NET for Library & University

D-VISION NET for Library & University は、ダイヤモンド社のデータベー「D-VISION NET」の豊富な企業・ビジネス情報データベースを活用し、1999年1月以降の「週刊ダイヤモンド」、2008年5月以降の「チェーンストアエイジ」等の雑誌記事等を検索閲覧できるサービスです。
同時利用は2ユーザーのみです。 


 ■ 「週刊ダイヤモンド」デジタルアーカイブズ

「週刊ダイヤモンド」デジタルアーカイブは、2000年12月31日までに出版された「週刊ダイヤモンド」の専門性の高い雑誌記事を手軽に検索・閲覧できるサービスです。


 ■ NEEDS-FinancialQuest ミクロ総合

 【お知らせ】利用の際、毎回プログラムのダウンロード処理が行われます。そのまま「Run」ボタンを押して処理終了後、通常通りご利用ください。(2013/10/08)

 NEEDSに収録されている企業財務、株式、債券、マクロ経済、産業統計など様々なジャンルの経済データを自由自在に検索し、分析に活用できるサービスです。
注)同時利用は10ユーザのみです。


■ 税務・会計データベース

税務会計データベースは、第一法規が提供する税務、会計監査分野のウェブ商品を1つに集約した総合サイトです。国税4法(法人税、所得税、消費税、相続税)に関する最新の法令や通達、解説、事例等を収録しています。


■ D1-Law

D1-Lawは第一法規が提供する、法律情報総合データベースです。

注)同時利用は1ユーザのみです。利用後はログアウトしてください。


 ■ iJAMP

 中央や地域の最新の行政ニュース、幹部職員のプロフィルなどを収録した検索・閲覧サービスです。


 ■ Science Direct

本学で購読している洋雑誌のうちElsevier出版の33タイトルをオンライン上で読むことができます。また、サブジェクト・コレクションのタイトルも読むことができます。

詳しい利用方法は下記のサポートページをご覧ください。
サポートページ

注)購読タイトルで2009年1月1日以降に出版されたもののみアクセス可能です。


 ■ EBSCOhost

次のデータベースが利用できます。
1) Business Source Premier (経済/経営・全文)
2) Econlit
3) Regional Business News (地域経済・ビジネス関する雑誌50誌)


 ■ ProQuest Research Library 

 次のデータベースが利用できます。
1) Academic Research Library (人文/社会/自然科学系・全文)
2) AMA Titles:Abstracts &Indexing (医学関連・概要)
3) U.S.National Newspaper Abstracts (新聞・概要)
注)新プラットフォームに変更されました。操作方法は、下記マニュアルをご参考ください。


■ SpringerLink
Springer社及びSpringerグループ出版社の約1700タイトルの電子ジャーナルの1997年から最新号までにオンラインアクセスできます。 

注)操作方法は下記ユーザーズガイドをご参考ください。

 ■ MathSciNet

MathSciNetはAMS(American Mathematical Society:米国数学会)が提供する、世界の数学文献をカバーする包括的な書誌・レビューデータベースです。 


■ 会社法務WEB

企業の法務を理解するための事例、解説、根拠法令等をインターネットを通じて閲覧できるデータベースです。

注)図書館2F専用端末より利用可能です。利用希望の場合は図書館2F受付にてお問い合わせください。


■ 官報情報検索サービス
「官報情報検索サービス」は、官報(本紙、号外、政府調達公告版、資料版、目録)をインターネットで検索できるサービスです。昭和22年5月3日・日本国憲法施行日以降の官報が検索できます。 

注)図書館2F専用端末より利用可能です。利用希望の場合は図書館2F受付にてお問い合わせください。

■ 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス
国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料について、承認を受けた図書館にデジタル画像を送信するサービスです。本学図書館では、学生及び教職員のみ画像の閲覧等が可能です。

注)図書館2F専用端末より利用可能です。利用希望の場合は図書館2F受付にてお問い合わせください。


電子ジャーナルの利用上の注意

電子ジャーナルは著作権法によって保護されるとともに、製作者との契約により提供されます。
電子ジャーナルの利用にあたっては、以下の事項を厳守してください。これらの事項に違反する悪質な利用を行うと、その個人だけでなく高崎経済大学からの利用が停止される可能性がありますので、くれぐれも適正な利用をお願いいたします。
 

  • 各サービスの利用対象者は、高崎経済大学所属の教職員および学生等に限定されています。 
  • 利用者は、個人の学術研究・調査・教育等に関わる正当な目的で、かつ利用に必要な範囲に限り、内容をダウンロードまたはプリントアウトすることが認められています。 
  • 利用者は、プログラム等により自動的に大量のデータをダウンロードすることは禁止されています。 
  • 利用者は、各サービス提供者等による事前の承諾なしに、個人利用以外の目的でその内容を複製、配布ないし改変するなど、著作権を侵害する行為を行うことはできません。